スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

自転車探しの旅

大阪へ行き次の日帰って来たら駅の近くに置いていた俺の自転車が消えていた。
街並景観至上主義の京都市の陰謀により撤去されたのだ。たかが一日放置くらいで。
ちなみに今月2回目である。

撤去された自転車は京阪「鳥羽街道」駅徒歩10分くらいの所にある保管場所に保管してある。
正直取りに行くのはめんどくさい。取りに行ったところで保管所に2300円も支払わなければならない事が俺のめんどくさいと思う心をさらに増幅させる。

京都に来たときおじさんからもらった大事な自転車。手放すのは正直惜しい。
しかし8年も乗った。自慢じゃないがボロボロだ。もういいだろう。諦めてくれ。
結局俺の中で2300円払うくらいなら新しい中古自転車を買うという結論が出た。
新しい中古自転車。妙な響きだ。


そして本日お昼過ぎ、俺の自転車探しの旅が始まった。もちろん徒歩である。

1件目、近所の自転車屋、徒歩5分だから店の親父とも顔見知りである。
「一番安い自転車ください」
「12000円くらいのがあるけど」
高い。そんな上等なもんは求めてないんだよ。
「中古自転車とかでもっと安いのないですか?」
「中古はこの間全部売り切れちゃったんだよ。新品だといろいろ保障つけるよ」
だが断る。ありえないだろ。顔見知りだからって俺は妥協しないぞ親父。
もっと安い自転車を探してやる。

2件目、さらに歩いたところにある中古自転車屋。
閉まっていた。ありえないだろ。日曜くらい営業しとけよな。

3件目、かなり歩いたところにあるおしゃれな自転車屋。
「一番安い自転車ください」
「一番安いのだと12000円になりますねー」
またか。ありえないだろ。勘弁してよ兄ちゃん。
「中古自転車とかでもっと安いのないですか?」
「中古はうちでは扱ってないんですよー」
その後新品の良さを営業トークでアピールしてくる兄ちゃん。
なかなか商売上手である。正直俺の心は折れそうになっていた。

結構な距離を歩いたから疲れていたしこのまま安い自転車が見つかる当てもない。
高くてもいいから買っちまうか?
でも12000円払うくらいなら保管所に行って2300円払って返してもらった方が良くないか?
それにここで買うより近所の自転車屋の親父のところで買った方が良かっただろ。
いろいろ考えた末、俺は諦めずに中古自転車を探す事を心に決めたのだ。

4件目、さらに遠くまで行ったところにある老夫婦が営んでいる自転車屋。
パッと見たところ電動自転車など高いのばかりが置いてあった。
「一番安い自転車ください」
「中古自転車ならそこにあるよ」
あった!安い中古自転車!6900円!ほんまは5000円くらいのを期待してたけど!
でも見た感じ良さげな自転車や!
即決で購入。そのとき俺の目からは涙が出そうになっていた。
「ありがとうございます!ありがとうございます!」
何度も老夫婦にお礼を言った。


そして俺は買ったその自転車にまたがり夕日を背に浴びながら帰路を走った。
風が気持ちいい。ずいぶん遠くまで来た。
自転車ではなんでもないような距離だが歩いてみるとやっぱり遠い。
帰りは一瞬で帰宅したが、今日ほど自転車のありがたみを感じた日はなかった。
そしてこれからもない事を祈る。もう撤去はされたくない。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2011-09-25 : 雑記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

甘い
私はこの前、近所のチャリ屋で6900円の中古を購入しました。
5日後、大阪初の週末に梅田で飲んで、調子とチャリに乗りながら帰宅しました。

翌朝、
起きたら顔面、血だらけでメガネは割れていました。

もちろん、病院に行き、
今もバンドエイドを顔に貼ってある生活です。

でもね、何が哀しいって、
近所のコーナンに6,900円の新品自転車が売ってあったことですよ。
2011-09-25 23:21 : ツボ URL : 編集
No title
ツボさん>
調子とチャリに乗りながら帰宅してる際になにがあったんですかw
結構ハードな経験してますねwお大事に。

コーナンの情報いただきです!次からコーナンで買いますね。
2011-09-26 23:35 : ザッキ URL : 編集
Pagetop
ホーム

フリーエリア

プロフィール

ザッキ

Author:ザッキ
趣味で絵を描いています

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。